30年間ノートも手帳もとれなかった自分がついにとれるようになったのでその試行錯誤を振り返ってみる

昨年5月頃、思いついたように手帳のとり方を見直してから半年ちょっと、ついに1冊目が終わり2冊目へ移行しました1。 普通の人なら「だからなんだ」という話だと思います。 しかし自分のような、これまで30年生きてきてノートも手帳もろくに取れなかった人間としては、こうして手帳をちゃと取れるようになったことは大きな進歩であり、また、長年の課題であったタスクや時間の管理がこれによって早くも大きな改善が見られていることも非常に喜ばしいことでした。

ということで、そこに至るまでの試行錯誤を振り返りました。

初めに・本記事の目的

  • 本記事は筆者の発達障害や左利きなどの体質上の問題に起因する課題に対し「自分はこうしたらうまくいった」という例を共有することです
    • しかし、あくまでも自分がうまくいったというだけなので、「こうしたらうまくいくよ」おすすめするつもりはありません。 (実のところ、そもそも本記事の対策は学生のように筆記具やノートの取り方を指定されがちな環境では難しいです。)とはいえ直接は役に立たなくても、(自分がそうしたように)同じような悩みを抱えた人が自分なりの試行策後をするにあたってちょっとした参考になることもあるかと思いますし、そうであればいいなと思っております2
  • より幅広い人に触れやすいよう、本記事だけ試験的にですます調で書いています。慣れてないので違和感のある箇所がありましたら申し訳ありません
  • 左利きの矯正といった、体質上の課題そのものへの対策は特にしてません。3
  • 想定よりも記事のボリュームが増えて内容もとっちらかっているのでそのうち記事を分けたりするかもしれません

そもそもなぜノート・手帳をとれないのか、原因を考える

冒頭に述べたように、自分はこれまで学生時代手帳もノートもろくに取れておらず、その結果スケジュール管理なども全くできておりませんでした。

そもそも学生時代は日中の眠気がひどく、ノートを取る以前に授業を起きていることが困難でした。 ずっと眠くてウトウトしているのだからノートを取れないのも当然と諦めていたのですが、5、6年前にADHDの診断をもらって、薬で眠気の改善が見られたことで、障害者雇用で働き始めだし、こうして社会復帰していけばそのうちスケジュール管理なども改善するのではないかと楽観視しておりました。

しかし、昨年ふと気づきました、眠気が解決して何年も立ってるのにタスク管理も、そのためのノートや手帳を取ることもできていないことに…4 これはどうもなんとなくでやっていて身につくものではないようだと。

ということで、改めてノート・手帳の取り方を考える前に、まずこれまでなぜだめだったのか、メモ、ノートをとれなかったのか、原因について考えることにしました。

筆記における課題(直接的なストレス)

前々からなにか筆記をしていると30分くらいで指が痛くなってくるのは自覚がありました。

そこで、筆記ができない原因としてこのような何かしらのストレスがあると仮定し、書き出していくことにしました。

筆記のストレス

  • 指が痛い(力の入れすぎ)
    • 左利きでペンを突くように動かすことが多く、ペン先の引っ掛かりが強い
    • 手汗で滑る
    • 痩せているので脂肪のクッションが足りない?
  • 何かを書き写す際に視点が迷子になる
    • そもそも視線の移動が苦手?
    • 左利きなので書いた部分が隠れる
  • 手が汚れる
    • 手汗
    • 左利きなので、書いた部分の上に手がくる
  • 筆記具の不具合など
    • 頻繁にインクが出なくなる(ボールペン)
      • 左利きだとペン先を紙に刺すように力がかかるので、ボールが埋まることがあるらしい
    • 折れる、紙に引っかかる,消せない(鉛筆、シャーペン)
      • 左利きだとペン先を紙に刺すように力がかかるので芯が紙に引っかかったり折れたりする
      • 同様の理由で書いた箇所がくぼむので消しゴムで消すのが大変
      • 適当に筆箱に突っ込みがちなのと、削るの忘れがち
    • マーカーと紙がこすれる際のザラザラした感触が苦手

ノートを描く際のストレス

  • 手帳・ノートを取るのが面倒
    • ただ書き出しているだけでレイアウトとか考えてない。そもそもどう取ったらいいかわかってない
    • 持ち替えが面倒(消しゴムや赤ペンなどの色分け時)
    • 使おうとしているときに折れている(鉛筆)
  • 手帳・ノートのの管理が面倒
    • マンスリーかウィークリーか、月曜始まりか日曜始まりか、1月始まりか4月始まりか、etc.、とにかく条件がやたら多くなってしまって選ぶのが面倒
    • プライベートと仕事の分け方が難しい
      • ノートごと分けてしまうと管理が面倒
      • システム手帳であれば仕事用のページとプライベートのページを併用できるが、そうすると今度は各内容によってページを移動する手間が発生する
      • 仕事とプライベートをまとめて書けば管理は楽だが、職場でプライベートなことも書いてあるページを開くのが恥ずかしいので手帳を出すこと自体が億劫になる。
    • (システム手帳の場合)ちゃんと整理しないと収拾が綱かくなる、整理のためにバインダーなど追加の物が必要
    • (システム手帳の場合)ページ数が増えるとリングが大きくなって書き心地が悪くなる
  • 読み返すこと自体に抵抗がある
    • 単純に字が汚い
    • 誤字脱字、漢字を思い出せなくてひらがなだったりと、みてて悲しくなる
    • (1日1ページなどの手帳)習慣づいていない間はスカスカになって三日坊主感が浮き彫りになる

改めて書き出すと数が多いのですが…逆にこれを解決していけばうまくいくはず、と前向きに考えて考察を進めていきます。

筆記における課題(根本的な原因)

見たところ左利きのように何度も出てくる原因があるので、今度は逆に原因から整理していきます。

  • 手汗
    • ペンが滑りやすく、その分指に力が必要になる
  • 左利き
    • ペンを突き刺すように書くのですっぽ抜けてしまわないように力がいる
    • 書いた先から上に手がくるので
      • 汚れる
      • どこまでかいたかが見えないので傾いたり、誤字したりしやすい
  • 面倒くさがり
    • 漢字書くのが面倒
    • 消しゴムなど持ち変えが面倒
    • 手帳を選んだり、管理するのが面倒
  • 経験・知識不足
    • 漢字がわからなくてひらがな混じりで格好悪い
    • ノート・手帳の取り方がわからない
  • その他体質や気分によるもの(感覚過敏とか学習障害とか?)
    • 視線の移動が苦手
    • マーカーは感触が苦手
    • 人に読まれたくない

こんな感じでしょうか

発達障害由来や左利き、面倒くさがりといったといった先天的な体質や長年の間染み付いた性格そのものを矯正している時間はないので それは諦めて代替手段的な解決策を考えていきます。

対策概要

原因が整理できたところで自分が取った対策は以下のようになります。

ちなみに時系列的には

  1. 万年筆 何年か前から断続的に
  2. バレットジャーナル 2020年春
  3. 筆記体 2020年夏
  4. 鏡文字 2020年秋

といった順番でした。

対策1: 万年筆

シャーペンは芯が折れる、ボールペンはボールが埋まる、マーカーは感触が苦手、ということで消去法で行き着いたのが万年筆でした。 (それまでは万年筆というものは高級な嗜好品で、道具としては機械式時計のような、実用性としては現行品に劣る、どちらかというと装飾品のようなものだと偏見を持っていたのですが…。)

はじめは親戚にもらったきり放置していた子供向けのペリカンの万年筆を洗ってインク入れ直して試しましたのですが、早々にキャップの開けしめが面倒になりました。 そのためノック式のPilotのキャップレスデシモ(公式) を買って以来、ずっとキャップレス系を使っています。 ノック式なので他の万年筆と違って片手で開けるので手軽で使いやすいです。(といってもノック式のボールペンなどと比べるとクリップがついているのが逆(ペン先側)だったりバネが硬かったりでやや慣れはいりますが…。)

当初は落としてインクが漏れたり、最近になって筆記の習慣がつくまではインクが乾いて固まったり(特にキャップレスは他の万年筆よりも乾きやすいらしい)とトラブルもありましたが、最近になってやっと扱いにもなれ、毎日使って乾く心配もなくなりと、やっと安定してきた感じです。

インクは手汗がひどいので耐水性の高いPilot純正のBlueblack を使っていました。 これと同じくPilot製のBlackは(一般的に耐水性が低い)染料インクでありながらなぜか耐水性が高いことに定評があり、より耐水性の高い顔料インクが非推奨なキャップレスだと数少ない選択肢だったりします。流石に顔料インクには耐水性は劣り、汗で濡れた手でこすれば鉛筆の黒鉛程度には伸びたり手についたりします とはいえ最近季節の変わり目で手汗が悪化していたのと、毎日使っていて乾く心配が減ったのでついに顔料を入れてしまいましたが…。果たしてつまらずに使えるのか、そのうち経過を投稿するつもりです。

メリット

  • 力がいらない
    • 他の筆記具と比べると...
      • ボールペンや鉛筆、シャーペンは原理上紙と摩擦が必要。
      • マーカーは原理的には万年筆と同じで摩擦はいらないが、先端がフェルト状なのでザラザラしている
      • それに対して万年筆の先端は摩耗防止のために球がついているのでつるつるしている。(といってもペン先にもよる。キャップレスであればF(細字)はつるつるだがEF(極細字)は先が細すぎるのかカリカリした感触がする)
  • 愛着がわく
    • インクを補充して長く使えるので愛着が湧く。ノートを取るモチベーションにつながるのでこのメリットも地味に重要。
    • インクの色も変えられる
    • (染料インクを使っている限り)ペン先が乾いて詰まってしまっても水につけるだけで復旧できる

デメリット

  • 値段が高い
    • 安いのでも1000円で、シャーペンやボールペン基準だとまだ高い
  • インクを扱うのがリスク
    • インクが固まらないようにこまめに使ったり、移動中もれないようにペン先を上にして保管したり、
    • 雑に扱わなければ問題ないとはいえ、シャーペンやボールペンと比べるとデリケートなのは間違いない。
      • 衝撃でインクが溢れたり、
      • 飛行機に持ち込めなかったり
  • キャップ式が一般的で、ノック式は選択肢が少ない

対策2: バレットジャーナル

経緯

以前はシステム手帳を使っていたのですが、ページ数が多いとリングが邪魔だし、少ないとリフィルの差し替えの頻度が増えて手間でした。 かといって、通常の手帳はマンスリーかウィークリーか、月曜始まりか日曜始まりかと、デザインを抜きにしても種類がありすぎて毎年選ぶのが面倒でした。

しかし改めて手帳の移行先を考えているうちにふと思いつきました、既成品のフォーマットに頼らなくても、手書きでも簡単なルールでわかりやすくできる、タスク管理に向いた手帳術がすでにあるのではないか と!5

検索したらあっさり見つかったのがバレットジャーナルでした。

バレットジャーナルとは

以下初心者でも簡単!バレットジャーナルの書き方の基本|コクヨ ステーショナリーから引用すると、

バレットジャーナルの成り立ち

バレットジャーナルとは、アメリカ人のデジタル製品デザイナー、ライダー・キャロル(Ryder Carroll)氏が考案した手帳術のこと。

ライダー氏には学習障害があり、集中力が続かないという悩みから、このバレットジャーナルが生まれました。

〈中略〉

バレットジャーナルでは、「ラピッドロギング(迅速な記録法)」と呼ばれる記述方法を使いますが、これはつまり、中点(・)を使った箇条書きのこと。

英語で中点(・)をあらわすBulletを使い、月の予定(マンスリーログ)、週の予定(ウィークリーログ)、日の予定(デイリーログ)などを箇条書きに記録することで思考の整理ができ、各タスクの進捗状況の管理もできるので計画的に行動できるようになります。

この箇条書きを使うことで素早い記述を可能にしていることや、1冊のノートですべて管理できることが特徴になっています。

引用以上

やり方の詳細については初心者の自分が語るべきではないと思うので、 上記のコクヨのサイトなり公式ガイドブックなりを参照していただければと思います。

バレットジャーナル自体は方眼のノートであれば何でもいいのですが、InxexFuture logといった、先に確保しておくページ6があり、適当に自分で決めて後からページが余ったり足りなかったりすると嫌なので、自分は最初は お高い 公式のロイヒシュトルムのノート を使いました。

流石に高すぎたので2冊めはMDノート にしました。

メリット

  • (基本的に)タスクもノートも同じ場所に書いていくので、ちょっとしたことをすぐに書き出そうとなったときにいちいちページを跨ぐ必要がない。
  • ノートを選ばない
    • インデントや行をそろえるのに方眼が推奨されているが、これも必須ではない。
    • 手帳であればマンスリーかウィークリーか、月曜始まりか日曜始まりか、1月はじまりか4月はじまりかといろいろあって選ぶのが面倒だが、バレットジャーナルであれば気にしなくていい。
    • 代わりに紙質だったり装丁だったりと、他のところでこだわる余裕ができる。
  • 自由にアレンジができる
    • 検索するといろんな人の作例が見つかっておもしろい。
    • 例えばバレットジャーナルのバレットはタスクを**・**(完了したら×)で表すところからきているのだが、タスクを表す記号としてより一般的な☐(完了したら☑や■にする)を使う人も多い模様。自分もそうしている。
    • 実際、筆者もすでに試行錯誤しながら独自ルールが増えてきているので、フォーマットが定まってきたらある程度そのうち公開したい

デメリット

  • そのまま準備されているカレンダーなどに書き込むだけでいい通常の手帳と違って、キーやマンスリーログ、デイリーログなど基本的なルールを把握しておく必要がある。
    • そこまで厳密にやる必要はないとはいえ自分なりにアレンジをしていくのが好きでないと面倒かもしれない。
  • カレンダーなどは基本的にすべて手書きになるので、手間だし字が下手だと残念な気持ちになる

対策3: 筆記体

もともと誤字脱字が多かった。漢字を覚えるのが苦手だった。画数が多すぎて書くの面倒だし、漢字自体が嫌いだった。7

かといってひらがなばかりだと(もともと字が汚いもあいまって)子供っぽくて恥ずかしいし、情けない。

なら英語を使えばいいじゃない、ということで思い付きで筆記体の練習を始めました。

個人的には英語を学ぶつもりがあったので一石二鳥でしたが、そうでなければカタカナで書くとかでもいいとは思います。

メリット

  • 書くのが楽、むしろ楽しい
    • 単純に画数が少ないというのもあるが、ハネやループで構成されており、書いてるだけで落書きのような楽しさがある
  • 慣れれば下手な日本語(の字)よりは読みやすいし、見栄えもいい(気がする)
    • 下手な筆跡をミミズののたくったような字というが、その点で言えば筆記体の場合はそれが標準なので雑に書いてもそれ以上悪化しづらいのではないかとおもう
  • おそらく日本人で筆記体を読める人は少ないので、
    • のぞき見されても恥ずかしくない。自意識過剰でも安心。
    • 誤字脱字でも恥ずかしくない。完璧主義でも気楽。
  • 英語のアウトプットの練習にもなる
    • 英語を学ぶつもりがあるなら地味にこのメリットも大きい。

デメリット

  • 可読性は当然落ちる
    • そもそも筆記体は英語圏でも読みづらいものらしく、パソコンの普及もあって最近は本場の学校でも教わらなくなってきたとか
    • Wikipediaの筆記体悪筆というリンクがあるあたりからも察せられるように、筆記体自体は可読性は低い
  • 英語のアウトプットに慣れるまでは当然ちょっとしたことをすぐに書き出すのが難しい。

関連商品

対策4: 鏡文字

これだけだいぶ異質な感じではあるが、下手したらこれが一番有効だったかもしれない、そんな対策が鏡文字でノートをとることです。

左利きで字を書くことが困難なのは右利きが前提だから。ならば鏡文字なら楽なのではないか、という思いつきで初めました。

やってみると、想像よりはるかに楽で、左手で右利き向けの字を書くということが以下にハンデだったかを痛感します。

自分では3か月で普通の筆記体と同じくらいには読み書きできるようになったので左利きなら意外とかんたんに習得できるのかもしれません。 とはいえ文字数の少ないアルファベットだから3か月で済んだだけで、漢字だとたぶんもっと難しいのではないかとおもいますが…。

メリット

  • 筆記における左利きのデメリットがすべて消える
  • 他人に見られてもまず読めないので見られたくないことも堂々とかける
    • 仕事とプライベートを一緒に書き込んでても堂々と職場で広げてつかえる
  • 普通に筆記体を使い出すと日常でアルファベットを書く際にもつい筆記体を書きそうになってしまうのだが、鏡文字だと不思議とそういった混同が発生しない。

デメリット

  • なれるまで大変(とくに読むのが。書くのは意外とできる)
    • とはいえ筆記体の読み書きを習得するよりは楽だった。8
  • 授業のノートなど、他人に提出する可能性があるものには当然使えない
  • ノートを鏡文字で書いている事自体がダヴィンチのような天才を気取っているようで恥ずかしい

手帳が取れるようになった結果どうなっているか(2021年春時点)

そもそも手帳を取るのはタスクやスケージュール管理のためであり、それが達成できないと手帳が取れてもしょうがない。

幸い、初めて半年の割に早くも明確な改善が見られてきたので、現時点での暫定的な状況を載せておきます

改善が見られたこと

  • 小さめのタスクの切り替えが明確に早くなった。
  • 複数のタスクの並行して行うこともある程度可能になった。
  • 短期的なスケジュール管理
    • 半年前は祝日に気づかず出勤したりしていたが、このレベルのミスはなくなった。

改善途中

  • 時間管理
    • ネットサーフィンやゲームなど、一度始めると止められなかったり
    • 期限の長い業務をダラダラとしてしまったり
    • 時間を区切る前段階として時間を認識するところから始めようと思い、先月から一日ごとにタイムライン的なのを書き込み初めているが、まだ記入漏れが多い。
  • 長期的なタスク、スケジュール管理
    • タスクを忘れてフェードアウトすることは減った
    • ずっと保留にし続けているタスクがあったり、先延ばし自体はまだある

更新履歴

更新日更新内容
2021/03/08誤字の修正、万年筆のペン先について補足
1

実のところ、この記事を一ヶ月以上だらだらと書いているうちにもうすぐ2冊めが終わりそうだったりします。

2

具体的に言えば、本記事で左利きが不便なので鏡文字を使う話がありますが、左利きだからといって鏡文字を使っているひとなんでまずいないことを考えると鏡文字という対策が他の左利きの方にも有効かといえばおそらくそうでのでしょう。とはいえ、自分が唯一知っていた例はレオナルドダヴィンチで、彼が左利きで、鏡文字を書いていたというトリビアを知らなかったら鏡文字を常用するという思い付きにはたどり着かなかったかもしれない。ので、需要がなさそうな対策でもそれが自分一人にでも有効であったのなら、誰かに役に立つかもしれないとおもい、公開している次第です。

3

手帳を活用できるようになること自体はADHDへの対策といえなくもないですが本記事はその前段階なので。

4

至った直接のきっかけはたぶん いつもの 遅刻したとか、夜更かししたとかで時間管理の必要性を痛感したしたとかだったと思う。

5

当記事はPCに詳しくない人にも向けているので本文には入れていないのだが、この思いつきに至った要因としてはLinuxに触れ、POSIX思想を知り、Markdownでこのブログやメモを書いたりしていたことが非常に大きかったりします。

6

これも必須ではないと思う。単純に先の方にまとまっていたほうが探しやすいというだけで、ページが足りなくなったら後ろに足せばいいので。

7

漢字を書くのが面倒なのは昔からだったが、じゃあPCならどうかというと、変換やIMEの切り替えでご入力が頻発している上、最近になってLinuxでCLIを常用するようになり、入力補完や変換がいらないことの楽さを知った結果、プライベートでは英語への移行をすすめつつあったりする。

8

Wikipedia曰く左利きで鏡文字を書けるというのはよくある話らしいので、右利きの人はまた違うのかもしれない。まあ右利きならそもそも鏡文字書く動機もないだろうが…。