ファイルサーバのOSをmanjaroに移行する1(Manjaroのインストール)

これまでUbuntu19.04で運用していたファイルサーバが、アップグレードに伴いなぜか自動でサスペンドするようになってしまった。
非常に不便なので早急になんとかしたかったがざっと調べても同様の事例が見つからなかったので、諦めてクリーンインストールすることにした。

ついでに興味があったManjaroにOSを変えることにした。

前提

現在はUbuntu19.04
zfsでミラーリングしたHDDをsambaで共有している

これをManjaroに移行する

全体の流れ

  • 旧サーバの移行準備
    • ZFSのエクスポート
    • 設定ファイルのバックアップ
      • /etc/fstab
      • /etc/samba/smb.conf
  • 新サーバのセットアップ
    • インストール★
    • 設定の復元
      • ZFSのインポート
      • fstabの再設定
      • sambaの再設定

★:今回の記事で取り扱うところ
今回はインストールのみ
サーバの設定のバックアップ及び再構成は次に

必要なもの

ハードウェア

  • 4GB以上のUSB
  • インストールするPC本体

ソフトウェア

  • Manjaroのiso
  • ブータブルUSBを作成するためのソフト(必要であれば)

手順

ブータブルUSBの作成

てっきりubuntuのブータブルUSBの作成で作れるかと思ったが、これはUbuntuのisoにしか対応していないらしく、だめだった。
Manjaroの公式に従いddコマンドで作成することにする

sudo dd bs=4M if=Downloads/manjaro-xfce-18.0.4-stable-x86_64.iso of=/dev/sda status=progress oflag=sync

※今回の場合usbは/dev/sdaだった

インストール

再起動して一度UEFI画面に入り起動ディスクの優先順位をUSBを優先にして閉じる

インストール自体はUbuntuと変わらないくらいに親切だったので、特につまづくところはなし。

ただし、自分は今回はいつかまたデュアルブートを構成する際の練習として、パーティションをマニュアルで分けるという余計なことをしていたためそこはちょっと手間取った。。

設定は以下の通り、

  • 先頭のパーティション(EFIパーティション)
    • フォーマットはFAT32
    • マウントポイントを/boot/efiに
      -espフラグを立てる
  • 2つ目のパーティション(ブートローダ用)
    • フォーマットはext4
    • マウントポイントを/bootに
  • 3つ目のパーティション(Manjaro本体のインストール先)
    • フォーマットをext4に

今の所問題なく動いている。

再起動して確認。

余談

最初にzfsインストールしようとして適当にコマンドしたらこんな警告が出てきた。
本来であれば気を引き締めるべきところなのだろうけど、まず頭に浮かんだのは講習なんて受けてないぞというどうでもいいつぶやき。
我ながらイマイチ緊張感がなく、いずれやらかしそうな気がしてならない。

サーバの設定編につづく