オビツのウィッグでお湯パーマを試す

我が家のドールには当初オビツのロングのウィッグをつけていたのだが、
【50WG-S03】 オビツウィッグ 『新ロング』 7~8inch
個人的な好みでもみあげというか前側の髪は短めのほうが良かったので、散髪したところ、横に跳ね上がってしまった。

耐熱のウィッグであれば癖を取るのにお湯をかける(通称お湯パーマ)らしいがオビツのウィッグは耐熱という表記がなかった。
ググっても試した人が見つからなかったのと、試しに散髪した際に切った髪を熱湯につけたところ特に縮れたり溶けたりする様子もなかったので、試してみることにした、

手順

キッチンペーパーとラップを丸めて菜箸にさし、水筒に入れて自立させ、即席のウィッグスタンドを作る。

この時点で先にシンクきれいに片付けて置くべきだったことに気づくもすでに準備できてしまったのでこのまま強行。

さっと熱湯をかけ,乾かして完了。

結果

そもそも耐熱と表記されていなかったので、だめになることも覚悟していたのだが、良くも悪くもあまり変わらなかった。

とりあえず、オビツのウィッグは熱湯をさっとかけた程度では問題ないっぽい。
(もちろん試す場合は自己責任でお願いします)
むしろ変化の少なさを見るにもっと時間をかけてやったほうが良かったかもしれない。

とはいえ明らかにはねすぎていて違和感があった前と比べれば自然な範囲に収まったと思うので今回は良しとしよう。